結プランニング株式会社

鉄骨造の新築マンション・ビルの設計や施工に関してのご相談は結プランニング株式会社にお任せください。

結プランニングとは

ごあいさつ

私が建築業界に入ったきっかけは、父が大工で、私はその背中を見て育ったからです。
20歳の時から建築会社で現場監督の仕事を始めました。
父が個人事業主になった33歳よりも早く、30歳で独立をしようという目標を持っていたからです。
予定通り2019年6月に勤務先を退職し、はじめはフリーの現場監督として活動していました。
その後、すぐに元の会社の部下や一級建築士などの仲間が集まってくれて、当社を設立しました。
 

優れた現場監督に必要な要素だと私が考えているのが、自分についてきてくれたり、いざというときに助けてくれる職人さんが多くいることだと思います。
現場監督という仕事は、積極的に知識を吸収する姿勢を持つことがとても大切で、常日頃様々な知識を吸収しようと思っていますが、どうしても判断に迷ったとき、職人さんの知識や経験が頼りになり、助けてくれることもあります。
そのために必要なのは、日頃から「俺は現場監督だ。言う事を聞け」という偉そうな態度を取らない事。
このような態度では、大工・タイル・左官などそれぞれの道のプロである職人さんたちに、素直に「教えてください。」
と言えなくなってしますし、職人さん自らがアドバイスをくれることもありません。
その点、ありがたいことに私の周りには指導を仰げる職人さんが大勢いらっしゃいます。
だからこそ、雰囲気の良い現場で早く、安く、良い建物を建てることができるんです。

このような人脈はこの仕事を始めたときから、現場のトイレ掃除を率先してやってきました。
そうすると、年上の職人さんばかりの現場でも空気が私のものになるんです。
また、職人さん同士の関係をやわらげるなど緩衝材となることで、次第に現場監督として認めて頂けました。

ただ、20代後半の私は課長として10人の部下を抱え、天狗になっていました。
結果を出せずに、降格させられた私は過ちに気づけました。
そこからは部下や職人さんたちと飲みに行くなど、仕事以外でも積極的にコミュニケーションを取るように心がけたんです。

「感謝して楽しむ」とは、例えば人から怒られるときも、「自分のために時間とエネルギーと時間を使ってくれてありがとう」と捉える事。
私はこの生き方を大勢の人と共有し、いつまでも継続することを理念としています。

今後も、人とつながって必要とされる事業を長く続けていこうと考えております。

当社の理念

結プランニングの強み

■2ヶ月に1度、弊社と業者さん、業者さん同士の信頼関係を強くするために懇親会を開催。

■一緒にお仕事をさせて頂く業者様の得意な工事内容を把握し、コストや工期の短縮を図ります。

■工務店さんと既存業者様との懸け橋となり、一丸となって効率アップを図ります。

■様々な工務店様と横のつながりを重要視させて頂いているので、すべての工種の業者様を手配させて頂きます。

2か月に1度の業者さんとの懇親会

帆船研修

健康経営優良法人認定

2022年3月9日に健康経営優良法人認定を頂きました。

今後も、従業員の健康に配慮し、定期的なセミナーの実施、レクリエーションを取り入れながら、健康推進を行っていきたいと思います。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。